診療時間:9:00〜12:00 / 16:00〜19:00

歯科処置

歯石除去はよく歯石取りなどと言われていますが、一般には口腔内の清浄化を行う処置にあたります。
「うちの子はおとなしいのでパキパキ取っています」と言われる飼い主さんもいらっしゃいますが、歯石や歯垢を除去し歯面をきれいに磨いて再付着しないようにする処置です。
基本的には歯石除去については「除去と研磨」をしっかり行うために、全身麻酔が必要になります。しっかり口の中を診て丁寧に処置するとなるとやはり全身麻酔が必要になってきます。


  • 処置前

  • 処置後

全身麻酔をしてからの処置

麻酔をかけたのち、ハンドスケーラーもしくは超音波スケーラーといった器具で歯石をしっかり取っていきます。きれいになったら最後はポリッシング等で表面を磨いて終了となります。

よく歯科処置だけのために全身麻酔をかけるのが怖いという方もいます。確かにどのような処置、手術であっても全身麻酔は100パーセント大丈夫!というわけにはいきません。そのために麻酔前検査、麻酔中のモニター(心電図、血圧、血中酸素濃度)をしていくことで、できる限り安全に麻酔を行なっています。
また、日本小動物歯科研究会のHPでも無麻酔下での歯科処置の危険性について掲載しています(飼い主さんでも閲覧できます)。

写真のような歯石除去、歯面研磨だけであれば処置時間もそれほどかかりませんが、ひどい歯周病を起こしていれば歯を抜き口腔内縫合をしなければならないこともあり、麻酔時間も当然長くなります。
そのようなことから、定期的に動物病院で診察を受けていただき、必要があれば早めに処置をしてあげるのがベストだと思います。

日ごろケアが大切です!

最後に一番大事なのが日ごろのケアです。当然、生きている限り歯石はまたついてきます。歯科処置後はきれいになりますが、その後のご自宅での歯磨き等の日常ケアが歯周病予防につながります。
それ以外にも重度の歯周病、高齢で麻酔、猫ちゃんの場合、口の中になんかあるみたいなど色々な状況もありますが、この辺は話し出すときりがないのでもし⒉うちの子はどうなの?という方がいらっしゃいましたら、診察の時にでもいいのでお気軽にご質問ください。

ご相談・ご質問などお気軽にお問い合わせください
厚木市のあおき動物病院は、犬や猫の尿結石、腎臓病や膀胱腫瘍、会陰ヘルニアに特化しております。
犬(猫)の血尿が続く、トイレに何回も行く、お水をよく飲む、尿が出せない、便が出ない、食欲が落ちた、足を引きずる、膝が外れる、咳が多い、結石が溶けない、膀胱腫瘍などの症状は是非ご相談ください。
046-290-5575
ご相談・お問い合わせ