診療時間:9:00〜12:00 / 16:00〜19:00

マイクロチップ

マイクロチップとは?

Microchip

マイクロチップは、カプセル状のガラス管内に超小型集積回路(IC)を封入したものです。超小型集積回路に固有の個体識別番号が書き込まれています。
マイクロチップは体内(動物の皮下に)に入れ、そのマイクロチップを専用の読み取り機で読み取ります。そこで、出てくる識別番号と登録している番号とをあわせることにより、その動物がどこの仔であるかを明確に識別することが出来ます。

迷子の予防には最適で、マイクロチップを入れて登録しておけば、迷子になったときに、自分の仔であることを簡単に証明できます。
また、海外に連れて行く時(戻ってくる時)にマイクロチップを装着していると検疫での係留期間が大幅に短くなります。

当院では、マイクロチップの識別番号を読み取るときに、体温まで測定できるものを使用しています。

マイクロチップの装着の仕方

Mounting

マイクロチップは注射器のようなもので皮下にチップを埋め込みます。針は太めですが、基本的には注射と同じ要領ですので無麻酔で挿入できます。
ただし、ワンちゃん、ネコちゃんの性格によっては鎮静もしくは麻酔が必要になることもあります。
マイクロチップ挿入後は所定の用紙にて申請を行うことで、識別番号を管理している団体で登録されます。

マイクロチップにご興味のある飼主さん
マイクロチップについて、詳しく説明しますので、お気軽にお電話下さい。

ご相談・ご質問などお気軽にお問い合わせください
厚木市のあおき動物病院は、犬や猫の尿結石、腎臓病や膀胱腫瘍、会陰ヘルニアに特化しております。
犬(猫)の血尿が続く、トイレに何回も行く、お水をよく飲む、尿が出せない、便が出ない、食欲が落ちた、足を引きずる、膝が外れる、咳が多い、結石が溶けない、膀胱腫瘍などの症状は是非ご相談ください。
046-290-5575
ご相談・お問い合わせ